黄門の図書館通い

最近は図書館通いです。仕事から開放されて時間がありできるだけ多くの書物に挑戦したい。
No. 図書名 著者 出版社 出版年月 価格 一口感想
610 ある男 平野啓一郎 文芸春秋
2021/9 820円 小説:愛したはずの夫はまったくの別人だった
609 緋色の研究 コナン・ドイル 新潮社
2017/10 460円 シャーロック・ホームズ誕生の第一作
608 女帝小池百合子 石井妙子 文芸春秋
2020/5 1,500円 救世主か?怪物か?彼女の真実の姿く
607 もうすぐ世界恐慌 副島隆彦 徳間書店
2020/4 1,600円 そしてハイパーインフレが襲い来るく
606 資本主義と民主主義の終焉 水野和夫・他 祥伝社
2019/5 840円 平成の政治と経済を読み解く
605 狙われるマンション 山岡淳一郎 朝日新聞出版
2010/5 1,500円 老朽化や住民の高齢化に伴いターゲットは。
604 株の暴騰が始まった! 朝倉 慶 幻冬舎
2018/2 1,500円 再読。金利の上昇と株の上昇はこれからが本番。
603 株の暴騰が始まった! 朝倉 慶 幻冬舎
2018/2 1,500円 金利の上昇と株の上昇はこれからが本番。
602 マネーの公理 マックス・ギュンター 日経BP社
2005/12 1,600円 再読。投機(投資)に際しての心がけで面白い
601 大暴落ガラ 幸田真音 徳間書店
2017/3 1,700円 (小説)東京を襲う洪水と国債の大暴落
600 日米振り込め詐欺大恐慌 副島隆彦 徳間書店
2009/4 1,500円 再読。米国に毟り取られれる日本の資産
599 暴走する日銀相場 朝倉 慶 徳間書店
2016/10 1,600円 再読。世界経済は人類史上かってない危険水域にある。
598 マイナス金利税で凍りつく日本経済 副島隆彦 徳間書店
2016/4 1,600円 再読。黒田日銀総裁は焦土作戦で国家のみを守るく
597 マイナス金利税で凍りつく日本経済 副島隆彦 徳間書店
2016/4 1,600円 再読。黒田日銀総裁は焦土作戦で国家のみを守るく
596 誰がアメリカンドリームを奪ったのか?(下) 朝日新聞出版 日本経済新聞社
2015/1 2,000 リーマンショック後のグローバル危機を検証する
595 誰がアメリカンドリームを奪ったのか?(上) 朝日新聞出版 日本経済新聞社
2015/1 2,000 リーマンショック後のグローバル危機を検証する
594 大収縮 日本経済新聞社 日本経済新聞社
2009/10 1,700 リーマンショック後のグローバル危機を検証する
593 バブルの死角 岩本沙弓 集英社新書
2013/5 760 日本人が損するカラクリが埋め込まれている
592 金を通して世界を読む 豊島逸夫 日本経済新聞出版社
2008/12 1,800 金市場から見た世界マクロ経済を読み解く
591 日本が自滅する日 石井紘基 PHP研究所
2015/9 非売品 官僚経済体制が国民のお金を食い尽くす!
590 暴走する日銀相場 朝倉 慶 徳間書店
2016/10 1,600円 再読。世界経済は人類史上かってない危険水域にある。
589 暴走する日銀相場 朝倉 慶 徳間書店
2016/10 1,600円 世界経済は人類史上かってない危険水域にある。
588 実物経済の復活 副島隆彦 祥伝社
黄金文庫

2007/12 648円 再読。著者の作品で最も秀逸なのはこの本であろう。読み応え十分。
587 マイナス金利税で凍りつく日本経済 副島隆彦 徳間書店
2016/4 1,600円 再読。黒田日銀総裁は焦土作戦で国家のみを守るく
586 2011年ユーロ大炎上 朝倉 慶 講談社
2010/9 1,600円 イギリスがデフォルトし、ユーロは崩壊するく
585 マイナス金利税で凍りつく日本経済 副島隆彦 徳間書店
2016/4 1,600円 黒田日銀総裁は焦土作戦で国家のみを守るく
584 達人囲碁指南 第2巻 趙 治勲 河出書房
1998/3 1,300円 序盤から中盤にかけての戦術を紐解く
583 インフレに向かう世界 朝倉 慶 徳間書店
2013/9 1,600円 再読。債権から株式へ歴史的グレートローテーション
582 ドル凋落 三橋貴明 宝島社新書
2010/3 648円 アメリカは破産するのか
581 世界はメネーに殺される 青木文鷹 扶桑社
2011/12 760円 近づく1ドル=50円時代の処方箋
580 仕組まれた円高 ベンジャミン・フルフォード 青春出版社
2012/12 838円 この先に待ち受ける驚きのシナリオとは?
579 ウォールストリート トッド・ハリソン 朝日新聞出版
2011/12 1,700円 強欲こそが、正義か!?
578 国債パニック 逢沢 明 かんき出版
2014/9 1,500円 再読。ゲーム理論でその破綻時期を警告する
577 ならず者の経済学 ロレッタ・ナポレオーニ 徳間書店
2008/11 1,800円 再読。世界を大恐慌に引きずり込んだのは誰か
576 国債パニック 逢沢 明 かんき出版
2014/9 1,500円 ゲーム理論でその破綻時期を警告する
575 2011年本当の危機が始まる! 朝倉 慶 ダイヤモンド社
2010/11 1,500円 再読。世界は確実にインフレに向かっている
574 ソロスは警告する ジョージ・ソロス 講談社
2009/1 1,600円 再読。市場原理主義は誤りで再帰性に基づき危機解説
573 金本位制復活! 高橋靖夫 東洋経済新報社
2009/12 1,600円 再読。死んだふりのアメリカが仕掛ける一発逆転の秘策
572 日本国債(下) 幸田真音 講談社文庫
2003/11 571円 再読。小説。日本国債の未達による国の破産の背後の罠とは
571 日本国債(上) 幸田真音 講談社文庫
2003/11 571円 再読。小説。日本国債の未達による国の破産の背後の罠とは
570 再発する世界連鎖暴落 副島隆彦 祥伝社
2015/11 1,600円 再読。世界は新たなる「恐慌前夜」を迎えた
569 再発する世界連鎖暴落 副島隆彦 祥伝社
2015/11 1,600円 世界は新たなる「恐慌前夜」を迎えた
568 景気は操作できると思っているエリートたちの大間違い 増田悦佐 PHP研究所
2014/4 1,600円 これ以上だまされるな、日本人!と警告する
567 株、株、株!、もう買うしかない 朝倉 慶 徳間書店
2015/5 1,600円 再読。円安、金利安、原油安で再び強い日本が蘇る
566 バカで野蛮なアメリカ経済 藤井厳喜 扶桑社
2012/3 780円 米国金融界が静かに進めるワンワールド主義の脅威
565 ソブリン・クライシス みずほ総合研究所 日経新聞出版社
2010/7 1,800円 再読。欧州の金融危機に詳しいが、読んでかなり退屈
564 株、株、株!、もう買うしかない 朝倉 慶 徳間書店
2015/5 1,600円 再読。円安、金利安、原油安で再び強い日本が蘇る
563 熱狂なき株高で踊らされる日本 副島隆彦 徳間書店
2015/4 1,600円 再読。金(ゴールド)と現金以外は信用するな!
562 株は急騰、国債は暴落へ 朝倉慶 幻冬舎
2014/7 1,500円 再読。第2弾の株高に乗り遅れるな!との投資の推奨
561 金は暴落する! 鬼塚英昭 成甲書房
2010/9 1,700円 再読。経済史はバブルと崩壊の歴史
560 株、株、株!、買うしかない 朝倉 慶 徳間書店
2015/5 1,600円 円安、金利安、原油安で再び強い日本が蘇る
559 熱狂なき株高で踊らされる日本 副島隆彦 徳間書店
2015/4 1,600円 金(ゴールド)と現金以外は信用するな!
558 売国者たちの末路 副島隆彦
植草一秀
詳伝社
2009/7 1,600円 再読。堕ちてしまったのか日本の国家は?
557 2011年本当の危機が始まる! 朝倉 慶 ダイヤモンド社
2010/11 1,500円 再読。世界は確実にインフレに向かっている
556 インフレに向かう世界 朝倉 慶 徳間書店
2013/9 1,600円 再読。債権から株式へ歴史的グレートローテーション
555 2012年、日本経済は大崩壊する 朝倉 慶 朝日新聞出版書
2011/7 1,500円 再読。商品高騰、日米欧の国債暴落による連鎖危機
554 株バブル勃発、円は大暴落 朝倉 慶 幻冬舎
2013/2 1,500円 再読。インフレで現金しか持たない者は大貧民になる
553 もうこれは世界大恐慌 朝倉 慶 徳間書店
2011/12 1,600円 再読。経済アナリストの中でも著者の分析が一番
552 金融市場を操られる絶望国家日本 副島隆彦 徳間書店
2014/4 1,600円 再読。株式、債券、為替、金も統制されている
551 世界一シンプルな経済学 ヘンリー・ハズリット 日経BP社
2010/6 2,000円 経済学で頻繁に繰り返される誤りを分析する
550 日本大復活の真相 三橋貴明 あさ出版
2013/6 1,400円 日本の将来は、国民の知恵と判断にかかっている
549 欧米日やらせの景気回復 副島隆彦 徳間書店
2012/4 1,600円 再読。世界ジャブジャブマネーが作るやらせの円安・株高
548 ザ・クオンツ スコット・パタースン 角川書店
2010/8 2.200円 世界経済を破壊した天才たちはどこで間違えたのか
547 金(ゴールド)が通貨になる 谷口智彦 徳間書店
2012/2 780円 金復活論が、ドル凋落と世界金融不安で再登場
546 浮かれバブル景気から衰退させられる日本 副島隆彦 徳間書店
2013/3 1,600円 再読。アベノミクスは「行はよいよい、帰りは怖い」と
545 帝国の逆襲 副島隆彦 祥伝社
2013/11 1,600円 再読。株、国債の暴落が始まる。またも奪われる日本
544 大災害から復活する日本 副島隆彦 徳間書店
2011/6 1,600円 再読。復興需要のあとインフレが襲い来る!との予測
543 日米地獄へ道連れ経済 副島隆彦 祥伝社
2010/12 1,600円 再読。地獄へ連れて行かれないためには?
542 失速する世界経済と日本を襲うインフレ 副島隆彦 ビジネス社
2014/11 1,600円 いまは脱資本主義の移行期である!、という主張
541 金・ドル体制の終わり 副島隆彦 祥伝社
2011/11 1,600円 再読。これからヨーロッパで20の銀行が潰れるという
540 新たなる金融危機に向かう世界 副島隆彦 徳間書店
2010/7 1,600円 再読。政治・経済から見えるアメリカの陰謀
539 日米振り込め詐欺大恐慌 副島隆彦 徳間書店
2009/4 1,500円 再読。米国に毟り取られれる日本の資産
538 ドル亡き後の世界 副島隆彦 祥伝社
2009/11 1,600円 再読。何度読んでも一気に読ませる筆力
537 恐慌前夜 副島隆彦 扶桑社
2008/9 1,680円 再読。数年前の本を今読み直しても興味深い
536 資本主義の論点 大前研一 ダイヤモンド社
2010/8 1,600円 ニュー・ノーマルという秩序の登場。愚本
535 国家の罪と罰 佐藤勝 小学館
2012/2 1,600円 機能不全み陥っている日本外交を糾弾する
534 金融市場を操られる絶望国家日本 副島隆彦 徳間書店
2014/4 1,600円 再読。株式、債券、為替、金も統制されている
533 官製相場の暴落が始まる 副島隆彦 祥伝社
2014/11 1,600円 再読。相場操縦しか脳がない米、欧、日経済
532 金融市場を操られる絶望国家日本 副島隆彦 徳間書店
2014/4 1,600円 株式、債券、為替、金も統制されている
531 官製相場の暴落が始まる 副島隆彦 祥伝社
2014/11 1,600円 相場操縦しか脳がない米、欧、日経済
530 狙われた日華の金塊 原田武夫 成甲書房
2010/5 1,600円 再読。貯蓄に励むアジアの資産を狙う欧米
529 金融が乗っ取る世界経済 ロナルド・ドーア 中公新書
2011/10 800円 金融改革、弊害の是正はいかにあるべきか
528 アングロサクソン資本主義の正体 ビル・トッテン 東洋経済新報社
2010/8 1,600円 100%マネーで日本経済は復活する
527 バカで野蛮なアメリカ経済 藤井厳喜 扶桑社
2012/3 780円 基軸通貨ドルとワンワールド主義の行く末
526 予見された経済危機 倉都康行 日経BP社
2009/1 1,700円 ルービニ教授が「読む」世界史の転換
525 アメリカは日本経済の復活を知っている 浜田宏一 講談社
2013/1 1,600円 日本のデフレ、円高は日銀に大きな責任がある
524 ニュースに騙されない!日本経済の真実 三橋貴明 日本文芸社
2013/8 1,500円 正しい経済政策で日本は大復活する
523 交渉術 佐藤優 文芸春秋
2009/1 1,667円 交渉を通じて、官僚としての著者を再検証する
522 大恐慌が拓く新時代 藤原直哉 あ・うん
2009/6 1,400円 今の乱世をどう生き抜か歴史に学ぶ
521 国家の罠 佐藤優 新潮社
2005/3 1,600円 これは作り物の小説を読むよりも面白い
520 この国で起きている本当のこと 辛坊治郎 朝日新聞出版
2012/4 952円 再読。この国を終わらせないための国民自身の覚悟
519 あと5年で中国が世界を制覇する 副島隆彦 ビジネス社
2009/9 1,600円 再読。覇権はアメリカから中国に移るのか?
518 この国で起きている本当のこと 辛坊治郎 朝日新聞出版
2012/4 952円 この国を終わらせないための国民自身の覚悟
517 内向きの世界帝国日本の時代がやってくる 増田悦佐 NTT出版
2009/12 1,700円 オランダ→英国→米国の次は日本が世界覇権国となる
516 いま世界経済で起きている大変なこと 増田悦佐 ビジネス社
2011/3 1,600円 再読。日本の良さ・強さを改めて再認識させてくれる
515 欲望と幻想のドル クレイグ・カーミン 日経新聞出版社
2010/8 1,900円 再読。ドルの歴史とその将来に影を落とす要因を分析
514 国富新論 三橋貴明 扶桑社
2013/9 1,400円 「奪い合う経済」からの脱却。これは勉強になる
513 税務署VS脱税者 大村大次郎 KADOKAWA
2014/5 780円 税務署は正義の味方ではなく税金を取ることが使命
512 国債・非常事態宣言 松田千恵子 朝日新聞出版
2011/9 760円 再読。「3年以内の暴落」へのカウントダウン
511 株は急騰、国債は暴落へ 朝倉慶 幻冬舎
2014/7 1,500円 再読。第2弾の株高に乗り遅れるな!との投資の推奨
510 株は急騰、国債は暴落へ 朝倉慶 幻冬舎
2014/7 1,500円 第2弾の株高に乗り遅れるな!との投資の推奨
509 国家破産 吉田繁治 PHP研究所
2011/12 1,900円 再読。この手の本は沢山読んだが、これは勉強になる本
508 悪の経典犯(下) 貴志祐介 文春文庫
2012/8 695円 小説。仮面の下は恐るべき殺人者だった
507 悪の経典犯(上) 貴志祐介 文春文庫
2012/8 695円 小説。英語教師の蓮実は信頼は厚いが
506 模倣犯(3) 宮部みゆき 新潮社
2005/12 667円 殺人犯の筋書きどおりに進みつつあるが
505 模倣犯(2) 宮部みゆき 新潮社
2005/12 590円 連続誘拐殺人事件の犯人の心境とは?
504 模倣犯(1) 宮部みゆき 新潮社
2005/12 781円 連続誘拐殺人事件の犯人は愉快犯なのか?
503 ドル亡き後の世界 副島隆彦 祥伝社
2009/11 1,600円 再読。何度読んでも一気に読ませる筆力
502 名もなき毒 宮部みゆき 文春文庫
2011/12 848円 小説。毒に満ちた世界で私たちは迷い続ける
501 日米振り込め詐欺大恐慌 副島隆彦 徳間書店
2009/4 1,500円 再読。米国に毟り取られれる日本の資産
500 誰か 宮部みゆき 文春文庫
2007/12 667円 小説。ごく平凡な事件が人生の闇への入り口だった
499 新たなる金融危機に向かう世界 副島隆彦 徳間書店
2010/7 1,600円 再読。政治・経済から見えるアメリカの陰謀
498 インフレに向かう世界 朝倉 慶 徳間書店
2013/9 1,600円 再読。債権から株式へ歴史的グレートローテーション
497 もうこれは世界大恐慌 朝倉 慶 徳間書店
2011/12 1,600円 再読。経済アナリストの中でも著者の分析が一番
496 2011年本当の危機が始まる! 朝倉 慶 ダイヤモンド社
2010/11 1,500円 再読。世界は確実にインフレに向かっている
495 恐慌前夜 副島隆彦 扶桑社
2008/9 1,680円 再読。3年前の本を読み直しても興味深い
494 実物経済の復活 副島隆彦 祥伝社
黄金文庫

2007/12 648円 再読。著者の作品で最も秀逸なのはこの本であろう。読み応え十分。
493 ファイナル・クラッシュ 石角莞爾 朝日新聞出版
2011/9 1,600円 再読。ユダヤ人が密かに読んでいる衝撃の予言書紹介
492 金に何が起きているか 豊島逸夫 日本経済新聞出版社
2010/9 1,600円 金(ゴールド)を通して世界経済を見る
491 欧米日やらせの景気回復 副島隆彦 徳間書店
2012/4 1,600円 再読。世界ジャブジャブマネーが作るやらせの円安・株高
490 金本位制復活! 高橋靖夫 東洋経済新報社
2009/12 1,600円 再読。死んだふりのアメリカが仕掛ける一発逆転の秘策
489 そして2014年日本経済が甦る 増田悦佐 ビジネス社
2013/11 1,500円 再読。世界は世紀末という大転換を迎える。そして
488 危機と金 増田悦佐 東洋経済新報社
2011/6 1,600円 再読。金の歴史から見える世界経済の真実。良書
487 帝国の逆襲 副島隆彦 祥伝社
2013/11 1,600円 再読。株、国債の暴落が始まる。またも奪われる日本
486 2012年、日本経済は大崩壊する 朝倉 慶 朝日新聞出版書
2011/7 1,500円 再読。商品高騰、日米欧の国債暴落による連鎖危機
485 逃がせ隠せ個人資産 副島隆彦 幻冬舎
2013/10 1,500円 この国に絶望した富裕層が国外へ脱出している
484 株バブル勃発、円は大暴落 朝倉 慶 幻冬舎
2013/2 1,500円 再読。インフレで現金しか持たない者は大貧民になる
483 「上から目線」の時代 冷泉彰彦 講談社現代新書
2012/1 760円 上から目線の時代のコミュニケーションの取り方
482 経済論争の核心はここだ 増田悦佐 NTT出版
2011/12 1,800円 再読。良書。今こそアダム・スミスに学べという
481 オバマ発金融危機は必ず起きる! 山広恒夫 朝日新聞出版
2010/3 2,000円 再読。オバマとFRBや金融業界が招く世界危機
480 株のからくり 奥村 宏 平凡社
2006/10 760円 株と株価をめぐる「現実」を解き明かす
479 銀行員のキミョーな世界 津田倫男 中公新書ラクレ
2012/3 780円 顧客の都合より行内事情を優先する「銀行ムラ」
478 お金は銀行に預けるな 勝間和代 光文社新書
2007/11 760円 金融リテラシーの基本と実践を判りやすく解説
477 人間はウソをつく動物である 伊野上裕伸 中公新書
2009/4 700円 他人を疑い、自分が疑われない術を本邦初公開
476 臆病者のための株入門 橘 玲 文芸春秋
2006/4 750円 臆病者には臆病者の投資方法があると説く
475 円高の正体 安達誠司 光文社新書
2012/1 740円 為替レートは何が動かすのか?を判りやすく解明
474 庶民は知らないデフレの真実 森永卓郎 角川マガジンズ
2012/3 760円 金持ちの論理から日本経済を読み解く
473 ルフレはやばい 小幡 績 D・携書
2013/1 1,000円 超緩和によるリフレ政策では日本は良くならない
472 金(ゴールド)が通貨になる 谷口智彦 幻冬舎
2012/2 780円 アメリカで議論される金復活論とは?
471 恐慌の歴史 浜 矩子 宝島社新書
2011/11 743円 100年に1度の危機が3年毎に起きる理由を解明
470 インフレに向かう世界 朝倉 慶 徳間書店
2013/9 1,600円 再読。債権から株式へ歴史的グレートローテーション
469 1Q84(BOOK3 後編) 村上 春樹 新潮文庫
2013/6 630円 娘の本を拝借してベストセラー小説を読んでみる
468 1Q84(BOOK3 前編) 村上 春樹 新潮文庫
2013/6 630円 娘の本を拝借してベストセラー小説を読んでみる
467 1Q84(BOOK2 後編) 村上 春樹 新潮文庫
2013/4 590円 娘の本を拝借してベストセラー小説を読んでみる
466 1Q84(BOOK2 前編) 村上 春樹 新潮文庫
2013/4 590円 娘の本を拝借してベストセラー小説を読んでみる
465 1Q84(BOOK1 後編) 村上 春樹 新潮文庫
2013/4 590円 娘の本を拝借してベストセラー小説を読んでみる
464 1Q84(BOOK1 前篇) 村上 春樹 新潮文庫
2013/4 590円 娘の本を拝借してベストセラー小説を読んでみる
463 インフレに向かう世界 朝倉 慶 徳間書店
2013/9 1,600円 再読。債権から株式へ歴史的グレートローテーション
462 帝国の逆襲 副島隆彦 祥伝社
2013/11 1,600円 再読。株、国債の暴落が始まる。またも奪われる日本
461 帝国の逆襲 副島隆彦 祥伝社
2013/11 1,600円 株、国債の暴落が始まる。またも奪われる日本
460 インフレに向かう世界 朝倉 慶 徳間書店
2013/9 1,600円 再読。債権から株式へ歴史的グレートローテーション
461 そして2014年日本経済が甦る 増田悦佐 ビジネス社
2013/11 1,500円 世界は世紀末という大転換を迎える。そして
460 インフレに向かう世界 朝倉 慶 徳間書店
2013/9 1,600円 債権から株式へ歴史的グレートローテーション
459 ユニクロ型デフレと国家破産 浜 矩子 文芸春秋
2010/6 850円 赤字国家日本が21世紀に生きのびる道とは?
458 仕組まれた円高 ベンジャミン・フルフォード 青春新書
2012/2 838円 政府・日銀によるドル買い円売りは売国行為
457 日本の産業力 伊藤洋一 PHP研究所
2011/9 1,400円 情報を読み取る技術の項は非常に有益
456 売国経済論の正体 上念 司 徳間書店
2011/11 1,400円 日本再生を妨げる売国経済論を打破するために
455 国債・非常事態宣言 松田千恵子 朝日新聞出版
2011/9 760円 再読。「3年以内の暴落」へのカウントダウン
454 今から資産を守る35の方法 田嶋智太郎 西東社
2010/10 1,200円 日本経済沈没を危惧し、その対策を検討する
453 浮かれバブル景気から衰退させられる日本 副島隆彦 徳間書店
2013/3 1,600円 再読。アベノミクスは「行はよいよい、帰りは怖い」と
452 浮かれバブル景気から衰退させられる日本 副島隆彦 徳間書店
2013/3 1,600円 アベノミクスは「行はよいよい、帰りは怖い」と
451 負けない投資 内田裕子 PHPビジネス新書
2012/1 820円 再読。若い人向けの資産形成の実践術の紹介
450 株バブル勃発、円は大暴落 朝倉 慶 幻冬舎
2013/2 1,500円 再読。インフレで現金しか持たない者は大貧民になる
449 日本国債(下) 幸田真音 講談社文庫
2003/11 571円 再読。小説。日本国債の未達による国の破産の背後の罠とは
448 日本国債(上) 幸田真音 講談社文庫
2003/11 571円 再読。小説。日本国債の未達による国の破産の背後の罠とは
447 下げ相場はこうして儲けなさい ピーター・シフ 東洋経済新報社
2010/3 1,800円 再読。相場の本ではなく、米国の金融危機の対応策の提示
446 下げ相場はこうして儲けなさい ピーター・シフ 東洋経済新報社
2010/3 1,800円 相場の本ではなく、米国の金融危機の対応策の提示
445 経済危機のルーツ 野口悠紀雄 東洋経済新報社
2010/4 1,800円 モノ作りはグーグルとウォール街に負けたのか
444 中国元がドルと世界を飲み込む日 ベンジャミン・フルフォード 青春出版社
2010/4 1,400円 着々と進む中国の世界制覇の夢。世界はどうなる?
443 株バブル勃発、円は大暴落 朝倉 慶 幻冬舎
2013/2 1,500円 再読。インフレで現金しか持たない者は大貧民になる
442 株バブル勃発、円は大暴落 朝倉 慶 幻冬舎
2013/2 1,500円 インフレで現金しか持たない者は大貧民になる
441 経済論争の核心はここだ 増田悦佐 NTT出版
2011/12 1,800円 再読。良書。今こそアダム・スミスに学べという
440 日本は赤字国家に転落するか 白川浩道 日経新聞出版社
2012/12 1,100円 再読。小冊子だが日本の現状を厳しい目で点検する
439 経済論争の核心はここだ 増田悦佐 NTT出版
2011/12 1,800円 良書。今こそアダム・スミスに学べという
438 日本は赤字国家に転落するか 白川浩道 日経新聞出版社
2012/12 1,100円 小冊子だが日本の現状を厳しい目で点検する
437 預けたお金を返してください! 矢吹紀人 あけび書房
2009/7 1,600円 銀行の預貯金過誤払い責任を問う。銀行は安全か?
436 いま世界経済で起きている大変なこと 増田悦佐 ビジネス社
2011/3 1,600円 再読。日本の良さ・強さを改めて再認識させてくれる
435 危機と金 増田悦佐 東洋経済新報社
2011/6 1,600円 再読。金の歴史から見える世界経済の真実。良書
434 もうこれは世界大恐慌 朝倉 慶 徳間書店
2011/12 1,600円 再読。経済アナリストの中でも著者の分析が一番
433 世界の変化を知らない日本人 藤原敬之/td> 文芸春秋
2011/5 1,400円 アメリカは日本をどう見ているのか
432 日本人はなぜ株で損するのか? 藤原敬之/td> 文芸春秋
2011/12 750円 5000億円ファンド・マネージャーの京大での講義
431 証券投資の思想革命 ピ-ター・L・バーンスタイン 東洋経済新報社
2006/12 2,800円 現代ポートフォリオ理論の歴史的な発展の解説
430 ウォールストリ−ト トッド・ハリソン 朝日新聞出版
2011/12 1,700円 強欲こそが、正義か? 著者の半生をつづる
429 バフェットの教訓 メアリ-・バフェット 徳間書店
2008/1 1,500円 史上最強の投資家と言われるバフェットの教訓
428 年金は本当にもらえるのか? 鈴木 亘 ちくま新書
2010/7 780円 誰でもどこからでも読める入門書。判りやすい。
427 マネーの動きで見抜く国際情勢 岩本沙弓 PHPビジネス新書
2010/9 800円 再読。経済メカニズムの”ウラ・オモテ”を見抜く
426 仕組まれた円高 ベンジャミン・フルフォード 青春新書
2012/1 838円 円高の裏に仕組まれた驚くべきシナリオとは?
425 世界経済大動乱を生きのびよ 藤巻健史 朝日新聞出版
2011/12 1,200円 近づく日本国の財政破綻に以下に備えるか?
424 日本経済のウソ 高橋洋一 ちくま新書
2010/8 740円 ここで提示された物価目標2%は安倍政権で実現
423 通貨から世界経済を読み解く方法 水野隆徳 河出書房新社
2012/1 760円 いまの円高・ドル安のつぎにくる衝撃波とは?
422 国債・非常事態宣言 松田千恵子 朝日新聞出版
2011/9 760円 「3年以内の暴落」へのカウントダウン
421 大いなる不安定 ヌリエル・ルービニ ダヤモンド社
2010/9 2,000円 金融危機は偶然ではない、必然であると説く
420 世界経済危機をどう見るか 相沢幸悦 時潮社
2011/7 1,500円 危機後の資本主義のあるべき姿の提言は実現が難しそう
419 ユーロ連鎖危機 有田哲文 朝日新聞出版
2010/3 2,800円 危機に陥ったユーロ圏各国の国々の実態の詳細
418 日本の三大銀行 奥村 宏 7つ森書館
2009/10 1,800円 メガバンクのような大きいことが良いことか?
417 売国奴に告ぐ! 中野剛志
三橋貴明
徳間書店
2012/2 1,400円 いま日本に迫る危機の正体を明らかにする。
416 税高くして民滅び国亡ぶ 渡部昇一 ワック
2012/2 1,600円 万人一律で10%の所得税にせよの真意
415 日本経済の真相 高橋洋一 中経出版
2012/2 1,000円 「経済ニュース」の嘘を見破るには?
414 金融が乗っ取る世界経済 ロナルド・ドーア 中公新書
2011/10 800円 経済の金融化が及ぼす弊害をいかに是正すべきか
413 世界国債暴落 高田 創・他 東洋経済新報社
2010/11 1,800円 世界を蝕む日本化現象の解説だが、退屈で読みづらい
412 日本の財界 奥村 宏 7つ森書館
2010/9 1,800円 混迷する経団連の実像とそのあり方を問う
411 国家連鎖破綻が日本経済の夜明けを告げる 松藤民輔 徳間書店
2011/11 1,500円 再読。日本を支える新技術・超術が世界を席巻
410 ブラックマネー 須田慎一郎 新潮社
2008/10 1,400円 20兆円にものぼる闇経済が日本を蝕む現状
409 株価操縦 相場英雄 ダヤモンド社
2006/3 1,600円 小説。不可思議な株の乱高下にある背景とは?
408 日米地獄へ道連れ経済 副島隆彦 祥伝社
2010/12 1,600円 再読。地獄へ連れて行かれないためには?
407 日本経済「余命3年」 池田信夫・他3名 PHP研究所
2010/12 1,300円 日本の財政危機をどう乗り切るのか。ありふれた論証
406 国債を刷れ! 廣宮孝信 日経新聞出版社
2009/3 1,524円 日本経済にまつわる7つの嘘を詳細なデータで論証
405 ポールソン回顧録 ヘンリー・ポールソン 日経新聞出版社
2010/10 3,200円 アメリカの金融危機に苦悩する財務長官ヘンリー・ポールソン
404 リーマンショックコンフィデンシャル(下) アンドリュー・ロス・ソーキン 早川書房
2010/7 2,000円 追い詰められた金融エリートたちの衝撃の裏側を描く
403 欧米日やらせの景気回復 副島隆彦 徳間書店
2012/4 1,600円 再読。世界ジャブジャブマネーが作るやらせの円安・株高
402 世界がわかる現代マネー6つの視点 倉都康行 ちくま新書
2006/12 740円 6つの視点による現代マネーの解説も面白みを欠く
401 消費税か貯蓄税か 白川浩道 朝日新聞出版
2011/9 1,600円 貯蓄税として預貯金・国債に課税するのは無謀では?
400 日本銀行は信用できるか 岩田規久男 講談社現代新書
2009/8 720円 日本銀行の抱える問題点とその解決策を提示する
399 特捜崩壊 石塚健司 講談社
2009/4 1,500円 再読。何故特捜は堕ちた最強捜査機関となったか
398 暴走する国家/恐慌化する世界 副島隆彦
佐藤 優
日本文芸社
2008/12 1,600円 再読。二人の対談であるが、話が難しくなり過ぎる
397 マネー大激震 岩崎日出俊 KKベストセラーズ
2011/8 800円 再読。我々は今までのやり方を変えなければならない
396 日米地獄へ道連れ経済 副島隆彦 祥伝社
2010/12 1,600円 再読。地獄へ連れて行かれないためには?
395 リーマンショックコンフィデンシャル(上) アンドリュー・ロス・ソーキン 早川書房
2010/7 2,000円 追い詰められた金融エリートたちの衝撃の裏側を描く
394 デリバティブ汚染 吉本佳生 講談社
2009/7 1,700円 大学、年金、地方自治体、財団等に蔓延する詐欺商品
393 「金融情報」はこう読め! 藤巻健史 光文社
2009/10 1,500円 大転換時代にお金をどう守り、どう増やすか
392 もうこれは世界大恐慌 朝倉 慶 徳間書店
2011/12 1,600円 再読。経済アナリストの中でも著者の分析が一番
391 裏読み日本経済 朝倉 慶 徳間書店
2010/2 1,600円 再読。SQ決済の先物市場の問題点は?
390 欲望と幻想のドル クレイグ・カーミン 日経新聞出版社
2010/8 1,900円 ドルの歴史とその将来に影を落とす要因を分析
389 日米同時破産 森木 亨 ダイヤモンド社
2009/2 1,429円 財政学の権威である著者が予測する日米同時破産
388 日本国債(下) 幸田真音 講談社文庫
2003/11 571円 小説。日本国債の未達による国の破産の背後の罠とは
387 日本国債(上) 幸田真音 講談社文庫
2003/11 571円 小説。日本国債の未達による国の破産の背後の罠とは
386 国債クラッシュ 須田慎一郎 新潮社
2011/6 1,400円 再読。震災ショックで迫りくる日本の財政破綻シナリオ
385 日本の時代がやってくる 松田悦佐 NTT出版
2009/12 1,700円 覇権国アメリカの衰退に取って代わるのは日本
384 国債クラッシュ 須田慎一郎 新潮社
2011/6 1,400円 震災ショックで迫りくる日本の財政破綻シナリオ
383 未来予測への挑戦 本間 裕 白順社
2009/10 1,900円 再読。金融危機後の大インフレそして新しい世界
382 実録アングラマネー 有森 隆 講談社
2008/10 933円 日本経済を喰いちぎる闇勢力たちの実態を追う
381 国家財政破綻 鳥巣清典 青志社
2010/7 1,500円 7人の識者とのインタビューを通じて解説
380 未来予測への挑戦 本間 裕 白順社
2009/10 1,900円 金融危機後の大インフレそして新しい世界
379 増税のウソ 三橋貴明 青春出版社
2011/11 762円 もっともらしい言葉の裏に潜む驚きの現実
378 下流喰い 須田慎一郎 ちくま新書
2006/9 700円 現今の消費者金融をめぐる現状や問題点を暴く
377 マネーの動きで見抜く国際情勢 岩本沙弓 PHPビジネス新書
2010/9 800円 経済メカニズムの”ウラ・オモテ”を見抜く
376 人民元が基軸通貨になる日 田丸秀男 PHP研究所
2010/6 1,200円 無策の日本の通貨政策と基軸通貨を企む人民元
375 世界経済を破綻させる23の嘘 ハジュン・チャン 徳間書店
2010/11 1,700円 市場自由主義が主張する23の嘘を簡明に解明
374 オバマ発金融危機は必ず起きる! 山広恒夫 朝日新聞出版
2010/3 2,000円 オバマ大統領とFRBや金融業界の一体化が招く
373 世界国債暴落 高田 創・他 東洋経済新報社
2010/11 1,800円 世界を蝕む日本化現象を国債を通して読み解く
372 反乱する管理職 高杉 良 講談社
2009/1 1,700円 小説。東邦生命の破綻を舞台に繰り広げる管理職
371 通貨を読む<第3版> 滝田洋一 日経新聞出版社
2010/9 950円 ドル、円、ユーロ、元の4大通貨の現況及び経緯
370 ソブリン・クライシス みずほ総合研究所 日経新聞出版社
2010/7 1,800円 再読。欧州の金融危機に詳しいが、読んでかなり退屈
369 ハイパーインフレの悪夢 アダム・ファーガソン 新潮社
2011/5 2,000円 ドイツ「国家破綻の歴史」は警告する
368 金融権力 本山美彦 岩波新書
2008/4 780円 グローバル経済とリスク・ビジネスの危うさ
367 資本主義以後の世界 中谷 巌 徳間書店
2012/1 1,600円 再読。日本は「文明の転換」を主導できるか
366 世界金融崩壊7つの罪 東谷 暁 PHP研究所
2009/3 700円 危機の本質を欲望・物語など7つの視点から探る
365 金融危機後の世界 ジャク・アタリ 作品社
2009/9 2,200円 日本経済は”危機”から脱出できるのか?
364 強欲資本主義ウォール街の自爆 神谷秀樹 文芸春秋
2008/10 710円 繁栄を誇ったアメリカ経済の「失敗の本質」
363 東京国税局査察部 立石勝規 岩波新書
1999/2 760円 日本株式会社の「地下室」に潜む「ごみ」を暴く
362 マネー大激震 岩崎日出俊 KKベストセラーズ
2011/8 800円 われわれは今までのやり方を変えなければならない
361 国債・非常事態宣言 松田千恵子 朝日新聞出版
2011/9 760円 「3年以内の暴落」へのカウントダウン
360 経済危機は世界に何をもたらしたか 伊藤元重 東洋経済新報社
2009/12 1,600円 2010年代政策転換の行方をす鋭い視点で考察する
359 米国金融危機の全貌 デイブ・カンサス 東洋経済新報社
2009/4 1,500円 ウオールストリートジャーナル発となってるように記者の眼で見た危機
358 金本位制復活! 高橋靖夫 東洋経済新報社
2009/12 1,600円 再読。死んだふりのアメリカが仕掛ける一発逆転の秘策
357 資本主義崩壊の首謀者たち 広瀬 隆 集英社
2009/7 720円 再読。日本の資産が狙われる!奪われる!
356 人々はなぜグローバル経済の本質を見誤るのか 水野和夫 日経新聞出版社
2007/3 2,200円 大変な力作だが数字に強くないと読み辛い
355 国家連鎖破綻が日本経済の夜明けを告げる 松藤民輔 徳間書店
2011/11 1,500円 再読。日本を支える新技術・超術が世界を席巻
354 国家連鎖破綻が日本経済の夜明けを告げる 松藤民輔 徳間書店
2011/11 1,500円 日本を支える新技術・超術が世界を席巻する
353 資本主義以後の世界 中谷 巌 徳間書店
2012/1 1,600円 日本は「文明の転換」を主導できるか
352 負けない投資 内田裕子 PHPビジネス新書
2012/1 820円 若い人向けの資産形成の実践術の紹介
351 世界はマネーに殺される 青木文鷹 扶桑社新書
2011/12 760円 円高を切り口に日本の置かれた経済の現状を解説
350 金・ドル体制の終わり 副島隆彦 祥伝社
2011/11 1,600円 再読。これからヨーロッパで20の銀行が潰れるという
349 残る銀行沈む銀行 根本直子 東洋経済新報社
2010/3 1,800円 世界の金融業界での邦銀のポジションと課題
348 (改訂版)属国・日本論 副島隆彦 五月書房
2010/8 1,800円 世界における日本の立場という視点での考察は鋭い
347 「日本は破産する」 森木 亮 ビジネス社
2007/2 1,500円 副題がある財政史家の告白とあるが、指摘は鋭い
346 もうこれは世界大恐慌 朝倉 慶 徳間書店
2011/12 1,600円 再読。経済アナリストの中でも著者の分析が一番
345 2012年、日本経済は大崩壊する 朝倉 慶 朝日新聞出版書
2011/7 1,500円 再読。商品高騰、日米欧の国債暴落による連鎖危機
344 副島隆彦の人生道場 副島隆彦 成甲書房
2008/2 1,600円 著者は金融・経済の本が多いが、著書の幅は広い
343 終わりなき危機 水野和夫 日経新聞出版社
2011/9 2,800円 再読。グローバリゼーションの本質を大きな視点で解説
342 終わりなき危機 水野和夫 日経新聞出版社
2011/9 2,800円 君はグローバリゼーションの本質を見たか。重厚な本
341 金融危機後のアジア クロード・メイヤー 時事通信社
2010/10 2,400円 アジアのリーダーになるのは中国か日本か?
340 ブ−メラン マイケル・ルイス 日経新聞出版社
2012/1 1,400円 誰もが自分のことしか考えないとき何がが失われるか
339 資源・食糧・エネルギーが変える世界 後藤康浩 日経新聞出版社
2011/9 1,600円 資源・食糧・エネルギーを通してみる今後の世界
338 余震 ロバート・B・ライシュ 東洋経済新報社
2011/7 2,000円 米国の経済危機の元凶は中間層の配分の激減にある
337 金を通して世界を読む 豊島逸夫 日経新聞出版社
2008/12 1,800円 金は世界情勢を映す鏡として金のイロハを解説
336 日本中枢の崩壊 古賀茂明 中央公論新社
2011/5 1,600円 良識派の元官僚が指摘する日本中枢の崩壊と提言
335 激震経済 読売新聞経済部 中央公論新社
2010/8 1,600円 世界経済の転換点を振り返り新しい潮流を分析する
334 リーマンと世界経済を殺したのは誰か 桂木明夫 講談社
2010/4 1,600円 リーマンの日本法人社長が振り返るリーマンショック
333 大収縮 日本経済新聞社 日経新聞出版社
2009/10 1,700円 リーマンショック後のグローバル危機を検証する
332 百年に一度の危機から日本経済を救う会議 高橋洋一
長谷川幸洋
PHP研究所
2009/3 1,400円 いま日本国民に知っておいてほしいことがある
331 資本主義はなぜ自壊したのか 中谷 巌 成甲書房
2008/12 1,700円 グローバル資本主義で傷ついた日本再生の提言
330 メルトダウン(金融溶解) トーマス・ウッズ 成甲書房
2009/8 1,800円 経済恐慌の元凶は連邦準備制度にこそある
329 ジパング再来 三橋貴明 講談社
2009/8 1,600円 世界の大恐慌に一人勝ちする日本
328 EUメルトダウン 浜 矩子 朝日新聞出版
2011/12 1,300円 通貨統合を前提の統合欧州の今を診断する
327 日本破綻 藤巻健史 講談社
2010/3 1,500円 株・債権・円のトリプル安が日本を襲う
326 金融鎖国 副島隆彦 徳間書店
2002/9 1,600円 10年以上も前の本だが今もって説得力がある
325 フリーフォール ジョセフ・E・スティグリッツ 徳間書店
2010/2 1,800円 グローバル経済はどこまで落ちるのか
324 バブルの興亡 徳川家広 講談社
2009/10 1,600円 日本は破滅の未来を変えられるのか
323 国家破局カウントダウン 上野泰也 朝日新聞出版
2011/5 1,600円 忍び寄る国家破局から日本を救う3つの処方箋
322 世界経済のオセロゲーム 滝田洋一 日経新聞出版社
2011/3 850円 経済とマーケットをにらみGゼロ時代の世界を読む。
321 バブルは別の顔をしてやってくる 熊野英生 日経新聞出版社
2010/2 850円 バブルは別の顔をして何度でもやってくるという。
320 ユーロ危機と超円高恐慌 岩田規久男 日経新聞出版社
2011/12 850円 デフレと円高を止めることができるは日銀だけだが。。
319 国家破産 吉田繁治 PHP研究所
2011/12 1,900円 再読。この手の本は沢山読んだが、これは勉強になる本
318 もうこれは世界大恐慌 朝倉 慶 徳間書店
2011/12 1,600円 再読。経済アナリストの中でも著者の分析が一番
317 2012年、日本経済は大崩壊する 朝倉 慶 朝日新聞出版書
2011/7 1,500円 再読。商品高騰、日米欧の国債暴落による連鎖危機
316 危機と金 増田悦佐 東洋経済新報社
2011/6 1,600円 再読。金の歴史から見える政界経済の真実
315 欧米日やらせの景気回復 副島隆彦 徳間書店
2012/4 1,600円 再読。世界ジャブジャブマネーが作るやらせの円安・株高
314 貯蓄率ゼロ経済 櫨 浩一 日本経済新聞出版
2011/10 905円 2020年「貯蓄率ゼロ」の世界で何が起きるのか
313 暴落の着火点 土方 薫 日本経済新聞出版
2011/7 1,600円 投資家はパニックから逃れることができないのか
312 欧米日やらせの景気回復 副島隆彦 徳間書店
2012/4 1,600円 世界ジャブジャブマネーが作るやらせの円安・株高
311 震災大不況にダマされるな! 三橋貴明 徳間書店
2011/6 1,400円 危機を煽る経済のウソが日本を潰す、と指摘する
310 マネー避難 藤巻健史 幻冬舎
2011/6 952円 大震災で財政破綻の可能性高まり銀行預金を避難
309 欲望産業 高杉 良 角川書店
1996/8 2,136円 消費者金融のトップ企業で繰り広げる経営の実態
308 日本経済診断書 梶原英之 PHP研究所
2011/4 1,400円 何のデータの裏つけなく経済の診断をするのか?
307 資源世界大戦が始まった 日高義樹 ダイヤモンド社
2007/12 1,400円 2015年に向けて日本の国家戦略は如何にあるべきか
306 日本国債暴落のシナリオ 石角莞爾
田代秀敏
中経出版
2010/12 1,500円 今流行の国債暴落論であるが、さほどの説得力はない
305 やばいぞ日本 産経新聞取材班 産経新聞社
2008/2 1,600円 日本が抱える問題点を鋭く炙り出す。それから既に4年
304 資産フライト 山田 順 文藝春秋
2011/10 750円 再読。日本を見限り資産を海外に移す人が多いらしい
303 マネジメントの日米逆転が始まる PHP研究所 角川書店
2011/10 1,600円 著者の多くの作品の中ではあまり興味を引かない
302 虚構の城 高杉 良 角川書店
1997/2 2,136円 著者の処女作。日本的経営の中のエリートの挫折
301 生命燃ゆ 高杉 良 角川書店
1997/2 2,136円 使命感に燃えた男の壮烈な生きざまは感動を呼ぶ
300 日本が融けてゆく 古賀茂明
須田慎一郎
飛鳥新社
2011/7 1,600円 日本の中枢であるべき政治家や特に官僚が如何に国民のために 働かないかを指摘し、改善策も提示する
299 大逆転 高杉 良 角川書店
1996/3 2,136円 第一銀行と三菱銀行との合併が大逆転で白紙撤回
298 大合併 高杉 良 角川書店
1996/3 2,136円 第一銀行と勧業銀行の合併の成功を描いた実名小説
297 北朝鮮暴発の恐怖を知らなさすぎる日本人 柘植久慶 PHP研究所
2011/3 1,600円 北朝鮮の現状情勢分析とその暴発の可能性をさぐる
296 いま世界経済で起きている大変なこと 増田悦佐 ビジネス社
2011/3 1,600円 再読。日本の良さ・強さを改めて再認識させてくれる
295 管理職降格 高杉 良 角川書店
2008/5 2,136円 「休息なき企業戦士」の壮絶な戦いと家庭での苦悩
294 人事権! 高杉 良 角川書店
2008/5 2,136円 トップである老害会長の元で苦悩するミドルの悲哀
293 2012年中国崩壊2014年日本沈没 浅井 隆 第二海援隊
2011/8 1,500円 チャイナリスクとその影響をモロに受ける日本経済
292 日本経済の不都合な真実 辛坊兄弟 幻冬舎
2011/1 952円 治郎・正記兄弟の「日本経済の真実」の続編
291 恐慌前夜 副島隆彦 扶桑社
2008/9 1,680円 再読。3年前の本を読み直しても興味深い
290 地獄に落ちる世界経済 松藤民輔 PHP研究所
2011/10 1,400円 再読。少し期待はずれの感も、日本人を勇気付ける
289 新版300人委員会・上 ジョン・コールマン博士 成甲書房
2008/7 1,800円 いわゆる陰謀本だが、一概には否定できない
288 2011年本当の危機が始まる! 朝倉 慶 ダイヤモンド社
2010/11 1,500円 再読。世界は確実にインフレに向かっている
287 羊たちはもう沈黙しない! 浅井 隆 第二海援隊
2006/6 1,200円 日本を変えたいという趣旨だが、危機を煽るだけかも
286 資産フライト 山田 順 文藝春秋
2011/10 750円 日本を見限り資産を海外に移す人が多いらしいが。。
285 地獄に落ちる世界経済 松藤民輔 PHP研究所
2011/10 1,400円 少し期待はずれの感もあるが、日本人を勇気付ける
284 国家破産 吉田繁治 PHP研究所
2011/12 1,900円 再読。この手の本は沢山読んだが、これは勉強になる本
283 金融危機のカラクリ 山澤成康 角川書店
2011/8 1,400円 88のキーワードでの危機の種類・理論・背景・具体例
282 あざやかな退任 高杉 良 角川書店
2008/9 2,136円 創業社長の急死後、残された副社長の心理を鋭く描く
281 炎の経営者 高杉 良 角川書店
2008/9 2,136円 日本触媒の創業者である八谷泰造の壮絶な生きざま
280 それでも日本は死なないこれだけの理由 増田悦佐 講談社
2011/6 1,500円 データを愚直に読み解いて大メディアの嘘を暴く
279 もうこれは世界大恐慌 朝倉 慶 徳間書店
2011/12 1,600円 再読。経済アナリストの中でも著者の分析が一番
278 アニマルスピリット ジョージ・アカロフ
ロバート・シラー
東洋経済新報社
2009/6 2,200円 人は経済合理性だけなく、アニマルスピリットの影響も受ける
277 会社蘇生 高杉 良 角川書店
2006/6 2,200円 大沢商会の再建に取り組んだ弁護士の情熱と手腕
276 燃ゆるとき 高杉 良 角川書店
2006/6 2,200円 東洋水産の創業者である森和夫をモデルにした小説
275 辞令 高杉 良 角川書店
2006/4 2,136円 アンフェアな人事に翻弄されるサラリーマンの悲哀
274 もうこれは世界大恐慌 朝倉 慶 徳間書店
2011/12 1,600円 日本の経済アナリストの中でも著者の分析が一番だろう
273 指名解雇 高杉 良 角川書店
2006/4 2,136円 リストラの先陣を切った音響機器メーカー社員の悲哀
272 窮すればすなわち変ず 北尾吉孝 経済界
2009/11 1,429円 いわゆる良書に属するが、読んでも感激がない
271 国家破産 吉田繁治 PHP研究所
2011/12 1,900円 この手の本は沢山読んだが、これは勉強になる本
270 人事異動 高杉 良 角川書店
1995/7 2,136円 企業人であるよりも、ひとりの人間でありたい生き方
269 広報室沈黙す 高杉 良 角川書店
1995/7 2,136円 広報室に配属された中間管理職の悲哀と奮闘
268 金融大崩壊 水野和夫 講談社
2008/12 700円 再読。資本が国家と国民を裏切った結果
267 日米地獄へ道連れ経済 副島隆彦 祥伝社
2010/12 1,600円 再読。地獄へ連れて行かれないためには?
266 2011年日本経済 ソブリン恐慌の年になる! 高橋乗宜
浜 矩子
東洋経済新報社社
2010/12 1,500円 再読。ソブリン恐慌論であるが、何故かいまひとつ喰い足りない
265 2012年、日本経済は大崩壊する 朝倉 慶 朝日新聞出版書
2011/7 1,500円 再読。商品高騰、日米欧の国債暴落による連鎖危機
264 2011年本当の危機が始まる! 朝倉 慶 ダイヤモンド社
2010/11 1,500円 再読。世界は確実にインフレに向かっている
263 破滅への疾走 高杉 良 角川書店
1996/11 2,136円 日産自動車の川又会長、塩路一郎労連会長のでたらめ
262 (小説)巨大証券 高杉 良 角川書店
1996/11 2,136円 バブル期の未熟な証券界における証券マンの生き様
261 烈風(小説通産省) 高杉 良 角川書店
1997/3 2,136円 小説。通産省エリート局長の逆境におかれた進退
260 懲戒解雇 高杉 良 角川書店
1997/3 2,136円 小説。三菱油化のエリート課長の逆境におかれた進退
259 濁流 高杉 良 角川書店
1997/4 2,136円 長編小説。政財界を手玉に取ったワルたちを鋭く描く
258 金・ドル体制の終わり 副島隆彦 祥伝社
2011/11 1,600円 再読。これからヨーロッパで20の銀行が潰れるという
257 金融腐食列島 高杉 良 角川書店
1997/5 2,000円 バブル崩壊後の銀行の実態を暴いて読み応え十分
256 金・ドル体制の終わり 副島隆彦 祥伝社
2011/11 1,600円 これからヨーロッパで20の銀行が潰れるという
255 日本の覚悟 櫻井よしこ 新潮社
2011/2 1,500円 日本の未来を切り拓き、生き残りのための大戦略
254 ファイナル・クラッシュ 石角莞爾 朝日新聞出版
2011/9 1,600円 再読。ユダヤ人が密かに読んでいる衝撃の予言書紹介
253 アメリカ解体の真実 ベンジャミン・フルフォード 青春出版社
2009/7 1,500円 困窮する州は連邦政府から独立して米は解体する
252 バーナード・マドフ事件 アダム・レボー 成甲書房
2010/4 1,800円 大手金融機関をも欺いた米巨大金融詐欺の全容
251 銀行大統合 高杉 良 講談社
2001/2 1,600円 日本興行、第一勧銀、富士銀行合併のトップ決断
250 大淘汰の時代 須田慎一郎 講談社
2010/1 1,600円 再読。大淘汰の時代はピンチかチャンスか
249 小沢一郎の功罪 佐高 信 毎日新聞社
2010/1 1,500円 辛口評論家で知られる著者の政治・経済・文学評論
248 オバマのアメリカ 藤井英彦 東洋経済新報社
2009/2 1,600円 再読。オバマはどう動く? 日本はどうすべきか?
247 残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法 橘 玲 幻冬舎
2010/9 1,500円 読み始めるといつのまにか引きずり込まれる面白さがある。不思議な魅力のある本。
246 「震災大不況」にダマされるな! 三橋貴明 徳間書店
2011/6 1,400円 危機を煽る「経済のウソ」が日本を潰すとの主張
245 誰が日本をここまで不幸にしたか 佐高 信 朝日新聞社
2011/1 1,500円 辛口の鋭い評論で滅多切りする政経外科シリーズの1冊
244 ファイナル・クラッシュ 石角莞爾 朝日新聞出版
2011/9 1,600円 再読。ユダヤ人が密かに読んでいる衝撃の予言書紹介
243 嘘つき大統領のデタラメ経済 ポール・クルーグマン 早川書房
2004/1 2,200円 史上最低の大統領といわれるブッシュ政権への批判コラム
242 ファイナル・クラッシュ 石角莞爾 朝日新聞出版
2011/9 1,600円 ユダヤ人が密かに読んでいる衝撃の予言書の紹介
241 壊れゆく国 田原総一朗・他 日経BP社
2010/6 1,500円 なぜ日本は三流国に堕ちたのか。4氏が解明する
240 いま世界経済で起きている大変なこと 増田悦佐 ビジネス社
2011/3 1,600円 再読。日本の良さ・強さを改めて再認識させてくれる好著
239 大災害から復活する日本 副島隆彦 徳間書店
2011/6 1,600円 再読。復興需要のあとインフレが襲い来る!との予測
238 政治家 石見隆夫 講談社
2010/5 1,800円 毎日新聞の「近聞遠見」に掲載された政治家100篇
237 2011年ユーロ炎上! 松藤民輔 講談社
2010/9 1,600円 再読。指摘のとおりユーロは現在炎上が続いている
236 いま世界経済で起きている大変なこと 増田悦佐 ビジネス社
2011/3 1,600円 再読。日本の良さ・強さを改めて再認識させてくれる好著
235 狙われるマンション 山岡淳一郎 朝日新聞出版
2010/5 1,500円 利潤で狙われる建て替えではなく、再生を目指す
234 日本の大逆襲 長谷川慶太郎
田原総一郎
PHP
2007/7 1,300円 対談本。苦難を超えて日本の新しい成長が始まる
233 私は無実です 今西憲之 朝日新聞出版
2010/9 1,600円 検察と闘った厚労省官僚村木厚子氏445日を追う
232 日本の秘密 副島隆彦 PHP研究所
2010/7 1,600円 政治にしろ経済にしろ歴史を見ないと真実は判らない
231 大災害から復活する日本 副島隆彦 徳間書店
2011/6 1,600円 再読。復興需要のあとインフレが襲い来る!との予測
230 2012年、日本経済は大崩壊する 朝倉 慶 朝日新聞出版書
2011/7 1,500円 再読。商品高騰、日米欧の国債暴落による連鎖危機
229 国家債務危機 ジャック・アタリ 作品社
2011/1 2,200円 読み応え十分の本。国家は債務と債務危機の歴史
228 竹中平蔵こそ証人喚問を 佐高 信 7つ森書館
2010/12 1,500円 竹中平蔵を証人喚問すべき理由が3つあるという
227 国家への目醒め 桜井よしこ
田久保忠衛
海竜社
2008/12 1,600円 国家を国家たらしめる資質とは何か? 二人の対論の展開 は国家の意識の低くなった国民に対する警鐘
226 2014年日本国破産対策編B 浅井 隆 第二海援隊
2010/8 1,400円 特定のファンドを推奨する対策は説得力に欠ける
225 2014年日本国破産対策編A 浅井 隆 第二海援隊
2010/6 1,400円 対策編@と大して内容は変わらない。自己PRも多い。
224 2014年日本国破産対策編@ 浅井 隆 第二海援隊
2010/4 1,400円 日本の財政は危機的状況にはあるが、煽り過ぎ?
223 凄い時代 堺屋太一 講談社
2009/9 1,600円 大きな変革が続く凄い時代の現在、勝負は2011年
222 さらば日米同盟! 甘木直人 講談社
2010/6 1,500円 平和国家日本を目指す最強の自主防衛政策を提示
221 なにが日本経済を停滞させているのか 原田 泰
大和総研
毎日新聞社
2011/3 1,400円 日本経済の抱える問題点を分析し、その処方箋を与える。しかし、読むのには少し退屈か
220 資源インフレ 柴田明夫 日本経済新聞社
2006/4 1,900円 少し古い本だが、日本を襲う経済リスクの正体を探る
219 年金の真実 辛坊治郎 幻冬舎
2011/7 1,300円 現行の年金の問題点を整理し改革案を提示
218 2012年、日本経済は大崩壊する 朝倉 慶 朝日新聞出版書
2011/7 1,500円 再読。商品高騰、日米欧の国債暴落による連鎖危機
217 大災害から復活する日本 副島隆彦 徳間書店
2011/6 1,600円 再読。復興需要のあとインフレが襲い来る!との予測
216 日本の聖域 「選択」編集部 新潮社
2010/4 1,400円 無駄や利権の温床となった領域を明らかにする
215 2012年、日本経済は大崩壊する 朝倉 慶 朝日新聞出版書
2011/7 1,500円 世界的商品高騰、日米欧の国債暴落による連鎖危機
214 日本の壊れる音がする 島田春雄 朝日新聞出版書
2010/6 1,800円 日本の重大な岐路にあたり国民は何を選択すべきか
213 金融資産は今すぐ現金化せよ 須田慎一郎 ベスト新書
2008/12 705円 再読。焼け落ちる世界経済を前に投資は一時退避
212 アメリカの日本潰しが始まった 日高義樹 徳間書店
2010/3 1,400円 再読。オバマ大統領は日本を敵視した政策を実行
211 小沢革命政権で日本を救え 副島隆彦
佐藤 優
日本文芸社
2010/6 1,600円 2冊目二人の対談本である。日本の政治を官僚支配から 政治家の手に取り戻す
210 資本主義崩壊の首謀者たち 広瀬 隆 集英社
2009/7 720円 再読。日本の資産が狙われる!奪われる!
209 実物経済の復活 副島隆彦 祥伝社
黄金文庫

2007/12 648円 再読。著者の作品で最も秀逸なのはこの本であろう。読み応え十分。
208 大災害から復活する日本 副島隆彦 徳間書店
2011/6 1,600円 復興需要のあとインフレが襲い来る!との予測
207 この国を出よ 柳井 正
大前研一
小学館
2010/10 1,400円 絶望的状況なのに能天気な日本人の意識改革
206 アメリカに食い尽くされる日本 森田 実
副島隆彦
日本文芸社
2006/7 1,400円 アメリカによる属国支配から今すぐ脱却せよ!
205 デフレは終わらない 上野泰也 東洋経済新報
2008/5 1,600円 再読。人口の減少だけは早く対策打たないと
204 危機と金 増田悦佐 東洋経済新報社
2011/6 1,600円 再読。金の歴史から見える政界経済の真実
203 デフレ不況 田中秀臣 朝日新聞出版
2010/5 1,600円 10年以上続くデフレは日銀の対策のまずさにあり
202 平成経済20年史 紺谷典子 講談社
2008/11 940円 再読。「改革」するたび、国民の生活は悪化した
201 危機と金 増田悦佐 東洋経済新報社
2011/6 1,600円 金の歴史から見える政界経済の真実
200 マネーの公理 マックス・ギュンター 日経BP社
2005/12 1,600円 再読。投機(投資)に際しての心がけで面白い
199 金融大崩壊 水野和夫 講談社
2008/12 700円 再読。資本が国家と国民を裏切った結果
198 すでに世界は恐慌に突入した 船井幸雄
朝倉 慶
ビジネス社
2009/12 1,600円 超ハイパーインフレで大恐慌第4幕があがるか?
197 無策! 長谷川慶太郎
森木 亮
東洋経済新報社
2010/8 1,500円 再読。かなりの分が対話形式であるものの面白い。日本の危機も近い
196 金本位制復活! 高橋靖夫 東洋経済新報社
2009/12 1,600円 再読。死んだふりのアメリカが仕掛ける一発逆転の秘策とは?
195 2011年はドルと米国株で儲けなさい 中丸友一郎 徳間書店
2010/7 1,500円 世界経済、通貨、株式、商品市場の動向
194 金は暴落する! 鬼塚英昭 成甲書房
2010/9 1,700円 再読。経済史はバブルと崩壊の歴史
193 ならず者の経済学 ロレッタ・ナポレオーニ 徳間書店
2008/11 1,800円 世界を大恐慌に引きずり込んだのは誰か
192 銀行にだまさるな! 須田慎一郎 新潮社
2005/4 1,500円 不良債権処理を進めた銀行の未来は?
191 ドル崩壊の真実 ベンジャミン・フルフォード 青春出版社
2010/11 1,500円 再読。欧米で蠢く闇の支配者の最後のあがきは?
190 日米振り込め詐欺大恐慌 副島隆彦 徳間書店
2009/4 1,500円 再読。米国に毟り取られれる日本の資産
189 2011年ユーロ炎上! 松藤民輔 講談社
2010/9 1,600円 再読。日本が不死鳥の如く蘇えると指摘
188 2011年日本経済 ソブリン恐慌の年になる! 高橋乗宜
浜 矩子
東洋経済新報社社
2010/12 1,500円 再読。ソブリン恐慌論であるが、何故かいまひとつ喰い足りない
187 2011年本当の危機が始まる! 朝倉 慶 ダイヤモンド社
2010/11 1,500円 再読。世界は確実にインフレに向かっている
186 日米地獄へ道連れ経済 副島隆彦 祥伝社
2010/12 1,600円 再読。地獄へ連れて行かれないためには?
185 いま世界経済で起きている大変なこと 増田悦佐 ビジネス社
2011/3 1,600円 再読。日本の良さ・強さを改めて再認識させてくれる好著
184 世紀の空売り マイケル・ルイス 文芸春秋
2010/9 1,800円 世界経済の破綻に賭けた男たち
183 日本の運命 浅井 隆 PHP研究所
2010/8 1,500円 これから暗黒の30年がやってくる..
182 サラ金崩壊 井出壮平 早川書房
2007/3 1,500円 グレーゾーン金利撤廃をめぐる300日戦争
181 最悪期まであと2年!次なる大恐慌 ハリー・S・デント・ジュニア ダイヤモンド社
2010/1 1,900円 人口統計学の手法を駆使してできるだけ正確に、科学的に 検証する
180 日本は破産しない! 上念 司 扶桑社
2010/10 1,300円 日本は破産しない理由を明快に解説
179 バカが国家をやっている 勝谷誠彦 扶桑社
2008/10 1,400円 政治経済に対する痛烈な毒舌は小気味良い
178 いま世界経済で起きている大変なこと 増田悦佐 ビジネス社
2011/3 1,600円 無知なマスメディアに騙されないよう懇切丁寧に日本 の立ち居ちを解説。好著
177 日本の恐ろしい真実 辛坊治郎 角川SSC
2010/9 952円 難しいことを平易に表現して理解し易い
176 同和と銀行 森 功 講談社
2009/3 1,700円 関西同和の帝王と三和銀行の汚れ役
175 2014年日本国破産警告編 浅井 隆 第二海援隊
2010/3 1,400円 お馴染みのシリーズだが、本当に近いのかも
174 暴走検察 上杉 隆 朝日新聞出版
2010/4 1,200円 暴走する検察の厳しく糾弾する週間朝日
173 サラ金殲滅 須田慎一郎 宝島社
2010/7 1,400円 顧客との共存を否定したサラ金業界の運命
172 格付け洗脳とアメリカ支配の終わり 本山美彦 ビジネス社
2008/3 1,500円 金融界の倫理を吹き飛ばした格付け洗脳
171 ドル崩壊の真実 ベンジャミン・フルフォード 青春出版社
2010/11 1,500円 再読。欧米で蠢く闇の支配者の最後のあがきは?
170 ドル亡き後の世界 副島隆彦 祥伝社
2009/11 1,600円 再読。何度読んでも一気に読ませる筆力
169 特捜神話の終焉 郷原信郎 飛鳥新社
2010/7 1,500円 劣化した特捜を対談を通して鋭く追及する
168 暴走する国家/恐慌化する世界 副島隆彦
佐藤 優
日本文芸社
2008/12 1,600円 二人の対談であるが、話が難しくなり過ぎて 期待はずれの感もある
167 日本破綻に備える資産防衛術 藤巻健史 朝日新聞出版
2010/8 1,300円 話題の本だが、あまり興味を引かない
166 破綻する家計・生き残る家計 荻原博子 ダイヤモンド社
2005/1 1,400円 かなり古い本だが、今でも陳腐化してない
165 危機の日本経済壊 福岡正夫
鈴木淑夫
講談社
2009/6 1,600円 世界的な金融・経済危機のなかで日本はどうすべきか。読むのに骨が折れる本。
164 特捜崩壊 石塚健司 講談社
2009/4 1,500円 何故特捜は堕ちた最強捜査機関となったか
163 銀行の墓碑銘 有森 隆 講談社
2009/2 2,200円 過去に潰れた銀行に関する興味深い本
162 資本主義崩壊最終ラウンド 船井幸雄 徳間書店
2009/5 1,600円 再読。未来予測は的確もややオカルト的
161 ヤメ検 森 功 新潮社
2008/9 1,500円 司法エリートが利欲に転ぶとき
160 アメリカ経済終わりの始まり 松藤民輔 講談社
2006/11 1,600円 アメリカ発金融大恐慌の予言はピタリ的中
159 世界バブル経済終わりの始まり 松藤民輔 講談社
2007/6 1,500円 少し古い書物だが将来見通しは正解だった
158 いつまでも経済が判らない日本人 三橋貴明 徳間書店
2010/6 1,500円 データは参考になるが主張には疑問もある
157 兜町コンフィデンシャル 高橋敦史 東洋経済新報社
2009/5 1,800円 株式市場の裏側で何が起きているのか
156 巨富への道 堺屋太一 PHP研究所
2010/5 1,500円 7人の創業者経営の成功の軌跡
155 小沢一郎完全無罪 平野貞夫 講談社店
2010/4 1,600円 「特高検察」が犯した7つの大罪を糾弾する
154 裏読み日本経済 朝倉 慶 徳間書店
2010/2 1,600円 再読。SQ決済の先物市場の問題点は?
153 恐慌前夜 副島隆彦 扶桑社
2008/9 1,680円 再読。2年前の本を読み直しても興味深い
152 日本は財政危機ではない! 高橋洋一 講談社
2008/10 1,700円 再読。とはいえ、やはり財政危機でしょう
151 円は沈むのか? 中尾茂夫 春秋社
2009/12 2,400円 割高な価格の割には論点がはっきりしない
150 裏読み日本経済 朝倉 慶 徳間書店
2010/2 1,600円 裏読みは鋭く真実に近いと思われる。
149 検察の大罪 三井 環 講談社
2010/7 1,500円 検察の裏金作りの実態とその暴走を暴く
148 正義の正体 田中森一
佐藤 優
集英社
2008/3 1,500円 日本で作られる正義とは何かを解き明かす
147 メガ・グループの崩壊 長谷川慶太郎 李白社
2010/4 1,500円 政治・経済・ユーロに関する一般的解説
146 官邸敗北 長谷川幸洋 講談社
2010/5 1,600円 政権交代後の官邸敗北の冷静な分析
145 日米地獄へ道連れ経済 副島隆彦 祥伝社
2010/12 1,600円 再読。地獄へ連れて行かれないためには?
144 亡国予算 北沢 栄 実業之日本社
2009/5 1,600円 特別会計の無駄使いのカラクリを暴く力作
143 私は金正日との闘いを止めない 桜井よしこ 東洋経済新報社
2008/3 1,500円 再。北朝鮮による拉致と闘う家族との対話集
142 無策! 長谷川慶太郎
森木 亮
東洋経済新報社
2010/8 1,500円 再読。かなりの分が対話形式であるものの面白い。日本の危機も近い
141 ソブリン・クライシス みずほ総合研究所 日本経済新聞出版社
2010/7 1,800円 購読。欧州の金融危機に詳しいが、読んでかなり退屈
140 無策! 長谷川慶太郎
森木 亮
東洋経済新報社
2010/8 1,500円 購読。日本国債の暴落危機説である。タイムリミットは2013年?
139 2011年日本経済 ソブリン恐慌の年になる! 高橋乗宜
浜 矩子
東洋経済新報社社
2010/12 1,500円 購読。ソブリン恐慌論であるが、何故かいまひとつ喰い足りない
138 恐慌は日本の大チャンス 高橋洋一 講談社
2009/9 1,700円 再読。恐慌が迫る今日、日本の対策は?
137 国債大暴落の恐怖 堀川直人彦 PHP研究所
2010/2 1,300円 刻々とそういう事態は迫っているのでしょう
136 日米地獄へ道連れ経済 副島隆彦 祥伝社
2010/12 1,600円 目新しさはないが、相変わらず説得力はある
135 裏切りの民主党 若林亜紀 文芸春秋店
2010/4 1,571円 事業仕分けは果たして十分だったのか?
134 大恐慌入門 朝倉 慶 徳間書店
2008/12 1,600円 再読。恐慌の歴史は繰り返される
133 アメリカの日本潰しが始まった 日高義樹 徳間書店
2010/3 1,400円 オバマ大統領は日本を敵視した政策を実行
132 2011年本当の危機が始まる! 朝倉 慶 ダイヤモンド社
2010/11 1,500円 再読。世界は確実にインフレに向かっている
131 検察vs.小沢一郎 藤井英彦 産経新聞司法クラブ社
2009/6 1,400円 国策捜査か、はたまた金権政治の追求か
130 オバマのアメリカ 藤井英彦 東洋経済新報社
2009/2 1,600円 オバマはどう動く? 日本はどうすべきか?
129 2011年本当の危機が始まる! 朝倉 慶 ダイヤモンド社
2010/11 1,500円 購読。今後到来するであろうインフレへの警告
128 実物経済の復活 副島隆彦 祥伝社
黄金文庫

2007/12 648円 再読。著者の作品で最も秀逸なのはこの本であろう。読み応え十分。
127 新たなる金融危機に向かう世界 副島隆彦 徳間書店
2010/7 1,600円 再読。政治・経済から見えるアメリカの陰謀
126 2011年ユーロ炎上! 松藤民輔 講談社
2010/9 1,600円 再読。日本が指摘のような復活を果たせるか?
125 ムネオの闘い 鈴木宗男 K&Kプレス
2010/4 1,500円 腐った官僚や検察と戦う鈴木宗男の半生
124 金に何が起きているか 豊島逸夫 日本経済新聞出版社
2010/9 1,600円 金(ゴールド)を通して世界経済を見る
123 2011年ユーロ炎上! 松藤民輔 講談社
2010/9 1,600円 世界経済は今後20年は混乱が続くの指摘
122 金融大崩壊 水野和夫 講談社
2008/12 700円 再読。資本が国家と国民を裏切った結果
121 ドル崩壊の真実 ベンジャミン・フルフォード 青春出版社
2010/11 1,500円 欧米で蠢く闇の支配者の最後のあがきは?
120 金は暴落する! 鬼塚英昭 成甲書房
2010/9 1,700円 再読。経済史はバブルと崩壊の歴史でもある
119 時効捜査 竹内 明 講談社
2010/4 1,900円 時効となった警察庁長官狙撃事件の深層
118 大淘汰の時代 須田慎一郎 講談社
2010/1 1,600円 大淘汰の時代はピンチかチャンスか
117 狙われた日華の金塊 原田武夫 成甲書房
2010/5 1,600円 貯蓄に励むアジアの資産を狙う欧米
116 1ドル50円で日本経済が変わる! 宇野大介 成甲書房
2009/12 1,400円 円高というよりドル安が進むということか
115 金は暴落する! 鬼塚英昭 成甲書房
2010/9 1,700円 再読。金(ゴールド)高騰もバブルの疑いあり
114 世界がドルを棄てた日 田中宇 光文社
2009/1 1,600円 再読。副島隆彦の経済分析に似ている
113 日本経済・絶望の先にある希望 水谷研治 PHP研究所
2009/4 1,400円 再読。国家の借金返済は絶望的か?
112 世界同時恐慌のすべて 桜井英明 中経出版
2008/12 1,400円 再読。今回の世界金融恐慌の解説と生き抜く
111 金本位制復活! 高橋靖夫 東洋経済新報社
2009/12 1,600円 再読。死んだふりのアメリカが仕掛ける一発逆転の秘策とは?
110 デフレは大好機 長谷川慶太郎 東洋経済新報社
2010/2 1,500円 価格破壊で日本の良循環が始まる
109 恐慌第2幕 朝倉 慶 ゴマブックス
2009/5 1,500円 再読。世界は悪性インフレの地獄に堕ちるのか
108 金は暴落する! 鬼塚英昭 成甲書房
2010/9 1,700円 購入。金(ゴールド)高騰もバブルの疑いあり
107 さらば財務省! 高橋洋一 講談社
2008/3 1,700円 再読。国民のお上信仰は日本のためならず
106 平成経済20年史 紺谷典子 講談社
2008/11 940円 再読。「改革」するたび、生活は悪化した
105 金本位制復活! 高橋靖夫 東洋経済新報社
2009/12 1,600円 アメリカが仕掛ける一発逆転の秘策とは?
104 新たなる金融危機に向かう世界 副島隆彦 徳間書店
2010/7 1,600円 購読。政治・経済から見えるアメリカの陰謀
103 グローバル資本主義の未来 藤原帰一 NHK出版
2009/4 1,000円 どこが壊れるのか、どこまで壊れるのか?
102 恐慌は日本の大チャンス 高橋洋一 講談社
2009/9 1,700円 世界的な恐慌が迫る今日、日本の対策は?
101 売国者たちの末路 副島隆彦
植草一秀
詳伝社
2009/7 1,600円 再読。堕ちてしまったのか日本の国家は?
100 恐慌前夜 副島隆彦 扶桑社
2008/9 1,680円 再読。何度読んでも興味深い。
99 日米振り込め詐欺大恐慌 副島隆彦 徳間書店
2009/4 1,500円 再読。米国に毟り取られれる日本の金融資産
98 ドル亡き後の世界 副島隆彦 祥伝社
2009/11 1,600円 再読。何度読んでも一気に読ませる筆力
97 世界金融危機からの再生 中村裕一 東洋経済新報社
2009/3 1,800円 今回の金融危機の一般的な解説で面白みは無い。
96 借金大国アメリカの真実 アディスン・ウィギン
ケート・インコントレラ
東洋経済新報社
2009/10 2,500円 アメリカは財政、貯蓄、貿易、リーダーシップという4つの赤字 を抱えるという。
95 沸騰都市 NHKスペシャル取材班 幻冬舎
2010/2 1,900円 NHKで放送された8つの「沸騰都市」の現状。 読み応えは十分。
94 日本経済の真実 辛坊治郎 幻冬舎
2010/4 952円 「ある日、この国は破産します」の回避は?
93 マネーの未来、あるいは恐慌という錬金術 松藤民輔 講談社
2008/7 1,600円 再読。見通しの正確さは世界の実情が証明
92 世界連鎖恐慌の犯人 堀 紘一 PHP研究所
2009/1 952円 今回の世界恐慌の犯人と我々が目指す方向
91 世界同時恐慌のすべて 桜井英明 中経出版
2008/12 1,400円 今回の世界金融恐慌の解説と生き抜くコツ
90 マネーの公理 マックス・ギュンター 日経BP社
2005/12 1,600円 再読。投機(投資)に際しての心がけで面白い
89 経済危機は9つの顔を持つ 竹森俊平 日経BP社
2009/8 1,600円 金融危機について各専門家へのインタビュー
88 恐慌第2幕 朝倉 慶 ゴマブックス
2009/5 1,500円 世界は悪性インフレの地獄に堕ちるのか
87 資本主義崩壊最終ラウンド 船井幸雄 徳間書店
2009/5 1,600円 少しオカルト的であるが、未来予測は的確?
86 強い円は日本の国益 榊原英資 東洋経済新聞社
2009/10 1,600円 円の高騰は株の下落が一般的。果たして強い円は日本の国益 とはならないのか
85 愚者の黄金 ジリアン・テッド 日本経済新聞社
2009/10 2,000円 大暴走を生んだ金融技術の詳細な経緯を紹介する力作
84 計画破産国家アメリカの罠 原田武夫 講談社
2009/4 1,600円 アメリカは自ら破産し、さらに大逆転を狙う
83 国破れて霞が関あり 若林亜紀 文芸春秋
2009/6 1,429円 国民資産を食いつぶす官僚、無関心な国民
82 危機突破の経済学 ポール・クルーグマン NHK出版
2009/6 952円 日本は失われた10年からまだ抜け出せない
81 グローバル資本主義の未来 藤原帰一 NHK出版
2009/4 1,000円 危機の連鎖は断ち切れるのか
80 日本経済・絶望の先にある希望 水谷研治 PHP研究所
2009/4 1,400円 国家の借金返済は国民の大きな痛みとなる
79 本当はヤバくない日本経済 三橋貴明 講談社
2009/4 1,400円 日本経済の正しい理解が必要と鋭く指摘
78 脱金融大恐慌1993-2008 松藤民輔 講談社
2008/4 1,400円 過去15年を振り返って予測の通りに進展
77 金融危機の真実 ベンジャミン・フルフォード 青春出版社
2009/1 1,500円 再読。ドルは機軸通貨の地位を失う
76 マネーの未来、あるいは恐慌という錬金術 松藤民輔 講談社
2008/7 1,600円 行き過ぎた金融資本主義の崩壊か
75 ドル亡き後の世界 副島隆彦 祥伝社
2009/11 1,600円 再読。ここ数年は激動の歳になるのだろう
74 資本主義崩壊の首謀者たち 広瀬 隆 集英社
2009/7 720円 再読。オバマは米国を再建できるのか?
73 老人税 副島隆彦 祥伝社
2004/9 1,680円 再読。これからは老人も大変でしょうね
72 恐慌の黙示録 中野剛志 日本放送出版会
2009/4 1,600円 資本主義は生き残ることができるのか
71 金融大崩壊 水野和夫 日本放送出版会
2008/12 700円 再読。アメリカ金融帝国の崩壊とその後は?
70 次のグローバル・バブルが始まった! 山崎養世 朝日新聞出版
2008/7 1,300円 金融危機からまた次のバブルへ
69 リアル経済学 ベンジャミン・フルフォード 日経BP社
2008/7 1,400円 世界は今後どういう方向に向かうのか
68 恐慌脱出 安達誠司 東洋経済新報社
2009/5 1,800円 歴史に学ぶ穏健な恐慌分析
67 金融危機の真実 ベンジャミン・フルフォード 青春出版社
2009/1 1,500円 アメリカ金融資本の強欲が世界を滅ぼす
66 ドル消滅の仕組み ベンジャミン・フルフォード、中丸薫 青志社
2009/5 1,500円 2012年世界は大きく変わるか?
65 大恐慌入門 朝倉 慶 徳間書店
2008/12 1,600円 恐慌の歴史は繰り返される
64 連鎖する大暴落 副島隆彦 徳間書店
2008/3 1,500円 再読。ドル暴落により世界が変わる
63 ドル覇権の崩壊 副島隆彦 徳間書店
2007/7 1,500円 再読。アメリカ金融界の暴走
62 歪んだ正義 宮元雅史 情報センター出版局
2003/12 1,600円 特捜・検察の正義は信じてよいのか
61 ドル亡き後の世界 副島隆彦 祥伝社
2009/11 1,600円 再読。今はこの人の著書が一番面白い
60 預金封鎖 副島隆彦 祥伝社
2003/9 1,680円 再々読。お金もあんまり頼りにならんのか
59 ドル亡き後の世界 副島隆彦 祥伝社
2009/11 1,600円 今はこの人の著書が一番面白い
58 ドキュメント秘匿捜査 竹内明 講談社
2009/1 1,700円 日本もう少し情報戦に力を入れるべきでは
57 世界金融危機からの再生 中村裕一 東洋経済新報社
2009/3 1,800円 金融危機からの再生は如何に?
56 あと5年で中国が世界を制覇する 副島隆彦 ビジネス社
2009/9 1,600円 覇権はアメリカから中国に移るのか?
55 売国者たちの末路 副島隆彦
植草一秀
詳伝社
2009/7 1,600円 堕ちてしまったのか日本の国家は?
54 資本主義崩壊の首謀者たち 広瀬 隆 集英社
2009/7 720円 オバマ大統領も孤立無援では建て直しは?
53 ならず者の経済学 ロレッタ・ナポレオーニ 徳間書店
2008/11 1,800円 世界を大恐慌に引きずり込んだのは誰か
52 日本崩壊 日本テレビ報道 新潮社
2008/12 1,200円 医療崩壊等の日本が抱える5つの難問
51 政権交代 榊原英資 文芸春秋
2008/4 1,238円 主張のように実際に政権交代が実現したが
50 対北朝鮮・中国機密ファイル 欧陽善 文芸春秋
2007/9 1,762円 分厚い読み応えのある中国に関する書
49 国家破産以後の世界 藤井厳喜 講談社
2004/12 952円 世界では結構例が多いなあ
48 埋没する国家 田中直毅 講談社
2008/7 1,700円 日本はいったいどこへ向かうのか
47 全世界バブルが崩壊する日! 下 浅井隆 第二海援隊
2008/2 1,470円 再読。日本の財政状態の建て直しは?
46 異形の大国中国 櫻井よしこ 新潮社
2008/4 1,500円 「彼らに心を許してならない」には全く同感
45 ドル覇権の崩壊 副島隆彦 祥伝社
2007/7 1,500円 奢れるもの久からずはアメリカも同じ
44 預金封鎖 副島隆彦 祥伝社
2003/9 1,680円 再読。お金もあんまり頼りにならんのか
43 恐慌前夜 副島隆彦 扶桑社
2008/9 1,680円 再読。何度読んでも興味深い。
42 中国沈没 沈才彬 三笠書房
2008/3 1,500円 中国の発展は間違いないが、リスクは?
41 チャイナ発世界大恐慌 浅井隆 第二海援隊
2008/5 1,500円 再読。なぜアメリカ発でなくチャイナ発か?
40 オバマのアメリカ 藤井英彦 東洋経済新報社
2009/2 1,600円 新大統領は苦難の船出であるが、どう導くか
39 日本とアメリカ NHK取材班 NHK出版協会
2009/2 1,000円 アメリカの衰退と日本の逆襲は可能か?
38 日本の「岐路」 中西輝政 文芸春秋
2008/5 1,690円 深い洞察力と広い世界観に基ずき重みがある
37 次のグローバルバブルが始まった 山崎養世 朝日新聞出版
2008/7 1,300円 バブルとはいつまでも繰り返すものか
36 格付け洗脳とアメリカ支配の終わり 本山美非子 ビシネス社
2008/3 1,500円 格付け会社が企業を支配する構図は?
35 警視庁捜査二課 荻生田勝 講談社
2008/12 1,600円 生涯を刑事で全うした自叙伝
34 マネーの公理 マックス・ギュンター 日経BP社
2005/12 1,600円 投機(投資)に際しての心がけで面白い
33 日米振り込め詐欺大恐慌 副島隆彦 徳間書店
2009/4 1,500円 表現はきついが、この人の本は興味深い
32 気高き日本人と闇の権力者たち 中丸薫 文芸社
2006/9 1,600円 米国の9・11テロは自作自演だった?
31 2020年の日本人 松谷明彦 日本経済新聞出版社
2007/6 1,890円 非常に勉強になる書であるが、読むのに骨が折れる
30 さらば財務省! 高橋洋一 講談社
2008/3 1,700円 国民ももっと関心を持って実態知る必要あり
29 私は金正日との闘いを止めない 櫻井よしこ 文芸春秋
2008/3 1,500円 ゆるぎのない国家観は見習うべきか
28 世界恐慌を生き抜く経済学 エコノミスト編集部 毎日新聞社
2008/11 952円 あまりにも難しすぎて興味薄
27 食税! 樺島秀吉 祥伝社
2006/6 1,400円 民間で育った人間からは信じがたい実態
26 デフレは終わらない 上野泰也 東洋経済新報
2008/5 1,600円 人口の減少だけは早く対策打たないと
25 官僚亡国論 田中 一昭 講談社
2008/7 1,500円 元官僚だけにタイトルほどには厳しくはない
24 無法バブルマネー
終わりの始まり
松藤民輔 講談社
2008/1 1,500円 金融で稼ぐ外国より、技術で稼ぐ日本に未来がある。国の戦略が乏しいのが。。
23 官僚との死闘700日 長谷川幸洋 講談社
2008/7 1,700円 ジャーナリストであるだけに描写は鋭い
22 チャイナ発世界大恐慌 浅井隆 第二海援隊
2008/5 1,500円 米国の次の覇権国はやはり中国なのか
21 霞が関の逆襲 江田研二
高橋洋一
講談社
2008/9 1,500円 官僚は国を破産に追い込む国民の敵か?
20 天下りシステム崩壊 屋山太郎 講談社
2008/7 1,680円 どうすれば日本は立ち直ることができるのか
19 さらば外務省! 天木直人 講談社
2003/10 1,500円 官僚はそこまで堕ちたのか
18 団塊老人は勝ち逃げできない 岩崎博充 扶桑社
2007/7 1,400円 黄門は当世代ではないものの。。
17 恐慌前夜 副島隆彦 扶桑社
2008/9 1,680円 表現はきついが、その分析は鋭く飽きない
16 実物経済の復活 副島隆彦 祥伝社
黄金文庫

2007/12 648円 ふ〜む。ドルは紙くずとなるのか
15 日本は財政危機ではない! 高橋洋一 講談社
2008/10 1,700円 とはいえ、やはり財政危機でしょう
14 世界がドルを棄てた日 田中宇 光文社
2009/1 1,600円 副島隆彦の分析に似ている
13 ソロスは警告する ジョージ・ソロス 講談社
2009/1 1,600円 さっぱり面白くない。本当にベストセラー?
12 平成経済20年史 紺谷典子 講談社
2008/11 940円 頭の良い人の本は判りやすい
11 金融大崩壊 水野和夫 講談社
2008/12 700円 やはりアメリカ経済は崩壊するんだ
10 金融資産は今すぐ現金化せよ 須田慎一郎 ベスト新書
2008/12 705円 でも今は銀行ですら信用できないのでは?
9 全世界バブルが崩壊する日! 上 浅井隆 第二海援隊
2007/12 1,365円 早くから警告を発していたんだ
8 全世界バブルが崩壊する日! 下 浅井隆 第二海援隊
2008/2 1,470円 日本の経営者は認識が甘かったのでは?
7 天国と地獄 浅井隆 PHP研究所
2007/9 1,470円 これからは生き残るのも大変だな
6 連鎖する大暴落 副島隆彦 PHP研究所
2008/3 1,575円 早くから今日の世界経済危機を見抜いていた
5 老人税 副島隆彦 祥伝社
2004/9 1,680円 黄門もそろそろ自己防衛策が必要かな?
4 預金封鎖 副島隆彦 祥伝社
2003/9 1,680円 国や行政がここまで信用できないとは。。。
3 日本経済の破断界 高橋乗宣 ビジネス社
2002/9 1,400円  
2 日本経済インフレの危機 水谷研治 東洋経済
新報社

2007/4 1,500円  
1 世界同時バブル崩壊! 藤原直哉 あ・うん
2007/6 1,400円 その指摘はまさにピタリ的中


[戻る]